夏バテ対策に効果抜群の食べ物まとめ/夏バテ防止wiki

「発育のビタミン」ビタミンB2で夏バテ予防/豚レバー・いくら

<スポンサードリンク>

「発育のビタミン」ビタミンB2で夏バテ予防

ビタミンB2には脂肪燃焼効果があります。別名「発育のビタミン」と呼ばれていて体内の過酸化脂質の生成を抑制してくれます。

 

ビタミンB2が不足するとどうなる?

逆に不足すると発育に必要不可欠なたんぱく質をエネルギーに変換する能力が衰えてしまいます。

 

特に夏はそうめんやうどんなどの食べやすい食べ物をたくさん食べることが多くなると思うのですが、炭水化物をエネルギーに変換するには
■クエン酸
■ビタミンB1 
■ビタミンB2
がワンセット必要になります。これらが不足すると炭水化物はエネルギーに変わらずに脂肪になってしまいます。

 

ビタミンB2の推奨摂取量

厚生労働省が発表したデータによれば推奨されるビタミンB2の摂取量は年齢や性別によって変わってきます。

 

例えば男性の18歳〜49歳の推奨摂取量は1.6mgとなっています。

 

ビタミンB2が摂取できる食品

脂質の代謝を促進し、有害な過酸化脂質を分解してくれるビタミンB2が食品からしか摂取することができません。

 

ビタミンB2が摂取可能な食べ物を知っておくことは健康の為には必要不可欠です。

 

ビタミンB2が多い食品一覧

■豚レバー:肝臓
■牛レバー:肝臓
■うなぎ(かば焼)
■魚肉ソーセージ
■いくら
■納豆
■生たまご
■とうがらし
(参考サイト:http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/vitamin_b2.html)

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

クエン酸/梅干し・お酢
あなたの疲労の原因、じつはクエン酸が不足してエネルギーが足りていないのかもしれません。今回は夏バテ対策に良いクエン酸の効果についてです。
ビタミンB1/豚ひれ肉・うなぎのかば焼き
豚ひれ肉やうなぎのかば焼きに豊富に含まれるビタミンB1は夏バテにつきまとう疲労感を除去してくれる効果があります。
マグネシウム/大豆・納豆
エネルギー代謝に欠かせない栄養源マグネシウムの夏バテ予防効果について解説しています。
ビタミンC/枝豆・かぼちゃ
高温多湿のなか勉強や仕事というのは非常にストレスがたまります。そしてストレスは夏バテにも繋がる・・・。そんな時救世主になるのがビタミンCです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
食品 料理 栄養素 症状 原因 対策 子供 妊婦 ペット