夏バテ対策に効果抜群の食べ物まとめ/夏バテ防止wiki

夏バテを招く自律神経失調の原因と改善法

<スポンサードリンク>

夏バテを招く自律神経失調の原因と改善法

夏バテの原因として自律神経失調がまず挙げられます。

 

自律神経とは

自律神経というのは私たちの意思とは別で無意識に働いている神経のことです。この自律神経は私たちの生命活動に欠かせない

 

「呼吸」

 

「代謝」

 

「消化」

 

といった働きを調整してくれる役割を持っています。

 

ところがこの自律神経のバランスというのは案外ちょっとしたことで崩れてしまいます。それは現代人が最も抱える問題です。主にストレスや不規則な生活習慣、睡眠不足などですね。いつも忙しない現代人はこういった問題を抱えている人は多いのではないでしょうか。

 

夏バテで自律神経失調になる理由

このように外的要因で自律神経のバランスが崩れてしまうことを自律神経失調といいます。そしてこの自律神経失調は夏に特に起きやすいです。

 

夏は高温多湿な状態が長く続くので、それに伴って人間は体温を一定に保つために体内の水分を発散させて放熱をはかります。これが汗、つまり発汗というやつです。

 

ですがこの発汗というのはとてもエネルギーを使うために疲れが貯まりやすいのです。

 

そこで私たちが選択する行動として多いのが「冷房をつける」というもの。これは一時的に疲れがとれたような気がしますが急激な温度変化というものに私たちの体はついていけません。

 

そのため自律神経のバランスが崩れてしまって代謝や消化機能が衰え夏バテとなるのです。

 

自律神経失調の改善法は?

まず冷房はきかせすぎないことが大切です。このサイトで色々な記事でいっていることですが、外の気温とクーラーをきかせた部屋の気温の差は5度以内におさまるようにしましょう。

 

人間の性質的にこれ以上の温度差にはついていけないそうです。

 

できるだけエアコンに依存せずに風通しをよくするように工夫するとか、冷房をつかわず除湿にするだけでも全然違ってきます。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

水分不足
夏バテの典型的な原因として「水分不足」というのが挙げられます。水分補給を怠ると長期的な夏バテで最悪の夏をすごす可能性もあります・・・。
クーラー
クーラーは夏バテの大きな原因としてよく挙げられますね。暑い中からクーラーがきんきんに効いた部屋にいくのはとても気持ちいいですが、夏バテの大きな要因となります。
冷たいものばかり食べる飲む
夏は暑くて食欲がでない。だから口当たりがよくて食べやすい冷たいものに手を伸ばしがちになります。でもそれが夏バテを促進させることにも繋がりかねないことをしっておきましょう。
夏バテでダイエット?体重が減るのはガチ。ただ健康面が・・・
夏バテでダイエットできた、痩せた、体重が減った・・・と言う声は少なくありません。ですが夏バテでの減量やダイエットというのは基本的には健康と美容に悪いと思った方がよさそうです。
食欲はあるのに夏バテ気味の原因
夏バテの症状の一つとして食欲がなくなるというものがありますが、夏バテになる人全員が全員食欲不振になるわけではありません。今回は食欲があるのに夏バテ気味という人にアドバイスです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
食品 料理 栄養素 症状 原因 対策 子供 妊婦 ペット