夏バテ対策に効果抜群の食べ物まとめ/夏バテ防止wiki

妊婦の夏バテの時の症状

<スポンサードリンク>

妊婦の夏バテの時の症状

妊婦さんにとってサマーシーズンの過ごし方というのは最も気を使う季節ですよね。夏の暑さによって夏バテになってしまい食欲が落ちてしまうと赤ちゃんの成長の妨げになってしまいます。

 

症状

妊婦さんであろうと夏バテの時に現れる症状というのは、妊娠していない人とそう変わりません。
■だるさ
■食欲不振
■頭痛
■吐き気

 

などがあげられます。また水分不足で脱水症状になることもあります。とくにお腹に赤ちゃんがいる場合はその分たくさんの水分を必要とします。

 

冷房に関して

冷房は体によくないと避ける人もいるかもしれませんが、無理は禁物です。外と中の温度差が5度いないにおさまる範囲でなら冷房をつけてもOKです。

 

クーラーガンガンの部屋に長時間いるということは体をひやして血の流れを悪くしてしまうので避けてください。

 

適温は28度です。少し動くと汗ばむ程度の温度ですが、じっとしていれば快適な温度です。暑ければ扇風機を利用しましょう。

 

寝る時はタイマーにして夜中ずっとつけっぱなしということは避けた方が良いです。

 

食べ物に関して

妊婦さんはとくに栄養バランスを考えた食生活を心掛けなければなりません。

 

夏に良い栄養素としてこのサイトで何度もおすすめしているのがビタミンB1です。

 

これは体内の疲労物質を分解する効果があり
■うなぎ
■豚肉
■かつお
■たらこ
■いくら
などに豊富にふくまれています。ビタミンB1の成人女性の推奨摂取量は1.1mg/日となっています。(18〜49歳女性の場合)

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

夏バテの妊婦に効果的な食事のレシピ
妊娠中の夏バテはつらいですよね。食欲がでないですが、赤ちゃんの為には無理してでも食べなければいけません。そんな妊婦さんに夏バテ中でも食べやすく栄養補給がしやすい食事内容を紹介しています。
夏の過ごし方
夏は妊婦さんにとって最もつらい季節になります。今回は妊婦さんの夏の過ごし方について情報をまとめました。
夏の暑さ対策
妊婦さんは普通の人よりも胎児がいる分体温が高めで、夏の暑さも普通の人よりこたえます。暑さで夏バテや夏風邪にかかってしまう人もいますから、いかに暑さ対策で猛暑を乗り切るかが安産のポイントとなりますね。
夏の冷え対策
妊娠をすると通常よりも体温が高いので余計に暑く感じます。しかしだからと言って妊娠中に冷たいものばかりを食べ・飲み過ぎて体を冷やすのはよろしくありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ
食品 料理 栄養素 症状 原因 対策 子供 妊婦 ペット