夏バテ対策に効果抜群の食べ物まとめ/夏バテ防止wiki

夏バテの妊婦に効果的な食事のレシピ

<スポンサードリンク>

夏バテの妊婦に効果的な食事のレシピとは

妊娠中の夏バテはつらいですよね。食欲がでないですが、赤ちゃんの為には無理してでも食べなければいけません。そんな妊婦さんに夏バテ中でも食べやすく栄養補給がしやすい食事内容を紹介しています。

 

妊婦は食欲がない状態から脱しよう

まずは食欲がないという状態をできるだけ軽減させることが大切です。

 

暑いからといって冷たいものばかり食べていると胃腸が弱り食欲低下の原因になります。

 

塩分制限も必要ですよね。一日の塩分摂取量は7〜10gを上限にして、できるだけ薄い味付けのものに慣れるようにしてください。

 

夏バテ中の食事のレシピ

食欲がない状態でも食べやすい料理としてはそうめんやうどんなどがあります。ただこれらは炭水化物であり、炭水化物はクエン酸やビタミンB1,B2といった栄養素も一緒に摂取しなければエネルギーに変わらないということは知っておきましょう。

 

そうめんやうどんだけでなくあり合わせの野菜(ねぎやしょうが、青シソなど)をトッピングして栄養価を高めましょう。

 

私が休日に妻によくつくってあげたのはトマトとささみの入ったそうめんです。

 

トマトとささみ入りそうめんの作り方

作り方はいたってかんたん。
1 トマトとささみをスライス
2 そうめんをゆでる
3 器に入れて上にトマトとささみを添える
4 上からつゆをドバ―とかける

 

たったこれだけのお手軽料理でしたが喜んで食べてくれましたよ。

 

また冷凍庫で果物を凍らせてアイス代わりにしたこともありました。夏に食べたくなるアイスは糖分が多いので健康面ではあまりよくありませんが、フルーツは糖分控えめで栄養価が高いのでおすすめですよ。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

妊婦の夏バテの時の症状
妊婦さんにとってサマーシーズンの過ごし方というのは最も気を使う季節ですよね。夏の暑さによって夏バテになってしまい食欲が落ちてしまうと赤ちゃんの成長の妨げになってしまいます。
夏の過ごし方
夏は妊婦さんにとって最もつらい季節になります。今回は妊婦さんの夏の過ごし方について情報をまとめました。
夏の暑さ対策
妊婦さんは普通の人よりも胎児がいる分体温が高めで、夏の暑さも普通の人よりこたえます。暑さで夏バテや夏風邪にかかってしまう人もいますから、いかに暑さ対策で猛暑を乗り切るかが安産のポイントとなりますね。
夏の冷え対策
妊娠をすると通常よりも体温が高いので余計に暑く感じます。しかしだからと言って妊娠中に冷たいものばかりを食べ・飲み過ぎて体を冷やすのはよろしくありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ
食品 料理 栄養素 症状 原因 対策 子供 妊婦 ペット