夏バテ対策に効果抜群の食べ物まとめ/夏バテ防止wiki

犬の夏バテの症状と対策/高温多湿を避けよう

<スポンサードリンク>

犬の夏バテの症状と対策

犬は全身毛におおわれた動物なので、彼らが感じる暑さは人間以上です。僕たちが真夏の時期に毛皮のコートを着ているような物です。想像しただけで正直かなりしんどいですね。

 

犬の夏バテの症状

症状としてはいくつかわかりやすいものがあります。

 

■食欲がなくなる
■散歩の時歩く速度が遅くなる
■下痢や嘔吐

 

このうちの下痢や嘔吐までくるとかなり深刻な状態なので、まずは病院に連れていくことをおすすめします。

 

また犬は暑さに非常に弱い動物です。

 

高温多湿の車の中に放置してしまい亡くなったというニュースも聞きますよね。実はあれって人間からすると30分とかそこまでの時間じゃないんですけど、犬からしたら致命的なのです。

 

犬の夏バテの対策

とにかく高温多湿を避けることが大切です。昼間はクーラーをつけてあげて28度くらいの温度には保つようにしましょう。

 

時間としては昼の12時〜14時くらいが気温が最高潮に達するので、せめてこの時間帯だけでもクーラーをつけてあげるようにしてください。

 

クーラーがない、または節電しているなら家の風通しを良くしてできるだけ涼しくなるように努めましょう。

 

また犬用の冷却グッズも今は充実しています。何か一つか二つかって試してみてはいかがでしょうか。

 

食欲不振で餌を食べない場合

また食欲が低下して餌を食べないのは、長く続くと体力がなくなって病気になってしまうこともあります。

 

そういう時は餌に氷を入れるなどして冷やすと喜んで食べる子も多いですよ。ただ氷を入れ過ぎたらお腹を壊すので注意してください。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

犬の食欲不振の対処法
日本産の犬よりも、涼しい国や地域出身の犬なんかは暑さにめっぽう弱いです。そんな犬は高温多湿の環境では活動も少なくなり食欲が低下します。
猫/ドライフードよりもウェットフードを
人間は暑くなると、発汗して体温を調節する機能を持っています。ところが猫にはそうした機能がありません。飼い主が普段から体温調節に気を利かせてあげる必要があります。
ハムスター/小屋の温度調整をしっかりと
暑さに弱いハムスターはよく夏バテになります。夏になるとゲージの中でぐったりと元気のないことが多いですね。今回はハムスターの夏バテ対策こと夏の暑さ対策について解説しています。
モルモット/小まめな水分補給が大切
モルモットは人間のように汗により体温を調節することができません。その為飼い主の温度管理、体調管理が特に夏は必要不可欠になってきます。
うさぎ/適温を保とう
うさぎは暑さに非常に弱い生き物です。猛暑のこの季節を健康に元気に過ごす為には飼い主の温度管理が必要不可欠になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
食品 料理 栄養素 症状 原因 対策 子供 妊婦 ペット